ラチノイロイロ

幅広い心を くだらないアイデアを 軽く笑えるユーモアを うまくやり抜く賢さを

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

私小説風

2005.12.03 Sat 22:15

今日は、またしても御招待にあずかりまして、都内某所の某若手
グループのライブに行ってまいりました。

・・・が。

正直、お金払っては聴きたくないなぁ、なライブでございました。(←毒)
そこそこ売れた曲もあり、ファン層も若い子が多いように見受け
られましたが、いかんせん、海千山千(あ、なんかタミオみたいな
韻をふんでる気が(笑))なわたしには、薄っぺら~い言葉の羅列
は、退屈きわまりなく…。

歌を作ってる子が、人生経験が乏しいのか、感受性に乏しいのか、
はたまた薄っぺらい人間なのか、こんな上っ面なことしか感じて
なくて、わざわざ歌にして伝えるほどのもんか、っていうレベル。(←猛毒)

で、退屈なあいだ、つらつら思いを馳せるに、わたしは「私小説風」
なのが好きなんだな、と思い至ったわけでございます。

皆もすなる恋愛というものをしてみんとてするなり。
で、”ラブソング”なるものは、この世にゴマンとあるわけですが、
その恋愛において、誰でも思い当たる普遍的な気持ちやら思いを
いかに、個人的なできごとに置き換えて、歌えるかっていうのが
アーティストの力量じゃないかと。

ちなみに、わたしの好きなトライセラの和田唱は、すっげー個人的
な詞を書く。それはもう、ほとんどバカップルな領域っすよ。(笑)

アルバムのなかに、2曲も♪ソファから転がり落ちるキミ♪が出て
くるワケですよ。でもって、それが愛しくてたまらない、っていう。
ふつう、ソファから転がり落ちる人間を見たら、かなり不審に思う
でしょ。つーか、フツーは転がり落ちないし。

でも、そこが(『それさえも』じゃなくて、あくまでも『そこが』だから)、
カレにとっては、愛しくてたまらない、っていうのが、そういうとこ
から聴くほうにも伝わってきて、あぁ、めろんめろんに好きなのねぇ、
って微笑ましい気持ちになるじゃないですか。(笑)
アレ、わたしだけ?^^;

結局、恋愛って、超個人的なものだから、人それぞれ、愛しさや
好きのポイントが違ってて、それが醍醐味だったりするわけで。
友達と比べたり、他人のマネしたって、しょうがないし。
なんて風に思ってるので、私小説的な恋歌が好きなのかな、と。

そうそう、やっぱり和田唱の歌のひとつに、彼女のあるクセが好き
だっていう歌があって、ちょっと可愛いそのクセをパクろうと思って
るのに、いつもうっかり忘れちゃうんだよね。(笑) 
やっぱり他人のマネはだめだね。つーか、おばかですな・・・^^;
スポンサーサイト

Category:音楽  Comment:0  Trackback:0  Top

Comment

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.06.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

コメント

トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

方言変換proxy

リンク

ブログ内検索

プロフィール

ラチ

Author:ラチ
絵本の「ラチとライオン」も好き
■大好き■
笑顔 おしゃべり 前向きさ
おおらかさ 楽しんでる姿
おうちカレー セロリ お酒
チーズ味 サッカー 本
奥田民生 音楽 絵 映画
目尻の笑い皺 長いまつげ
ニコラス・ケイジ ピルロ
アンソニー・キーディス
■ニガテ■
狭いヒト

RSSフィード

Copyright © ラチノイロイロ All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug / Admin

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。